<< 視界クリア Tamrac 612 タムラック >>

ブラックラピッドストラップ

ストラップを右手に巻いて撮影することが多いため、
しなやかな素材のものを選んでいました。
いろいろ試したあげくに、
ドンケの細身のタイプを愛用していました。
(カメラ付属のストラップはかなりゴワゴワなので)。

しかし、望遠レンズをつけたときの移動では、
首への負担が大きすぎて・・・(細身だからあたりまえ)

そのため、望遠レンズ用には、
クランプラー製を使用してました。
しかし!これだと手首に巻けず・・・撮影しにくい。

そんな状態でしたが、
現在は決定打のストラップを使用中です。

たすき掛けストラップについているカラビナを、
カメラの三脚穴にねじ込んだ金属パーツに取り付ける、
「ブラックラピッド」です。

腰の部分にカメラがくるので、
扉などにぶつけることや、
カラビナがぶつかってカメラに傷がつくことがあるらしいのですが、
撮影/移動の快適性に関してはほぼパーフェクトです。

1台使いのときは
RS-W1
を使っています。
細身ですが、7D+バッテリーグリップ+EF70-300+三脚座をぶら下げても大丈夫。
責任持てないけど。
c0010212_10172055.jpg



RS_DR-2は左右に2台ぶら下げることができるので、
7Dとα900を同時に使うことができます。
重いけど。
c0010212_10191561.jpg


どちらもかなり丈夫なストラップなので、
金具が壊れたり、切れたりする気はしません。
ちょっと不安なのはカメラの底の強度です。
まぁ、大丈夫だとは思いますが・・・

もう普通のストラップには戻れません。


[PR]
by sparky10 | 2011-07-24 14:24 | カメラ
<< 視界クリア Tamrac 612 タムラック >>