<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オーディオテクニカ(ATH-EC7GM)

ipod shuffleにおける欠点(?)の一つであるヘッドホン。
音がどうこうというより、とにかくコードが長いのです。
というわけで(それだけでは無いのですが・・・)、ヘッドホンを購入しました。
どうせ買うなら、音の良いヤツと思い、いろいろ考えたのですが、

形状としては、
1, 通常のインナータイプ
2, 耳掛け(円盤形)タイプ
3, 最近出てきた耳掛け(インナータイプに追加されたもの)タイプ
4, いわゆるヘッドホン

2と4は仕事をしながら(???)使う予定のshuffleだと、大げさになりすぎてしまうので却下。

第一候補はB&O製ですが、やはりケーブルの長さが長いので、本来の目的(ケーブルを短くする)には不適でした。
ちょっと、普通すぎる選択ですが、オーディオテクニカのATH-EC7GMにしました。
この製品は、ケーブルが途中で抜けるようになっておりまして、
その長さちょうど60cmです。
この長さは非常にshuffle向きです。
ヨドバシカメラで12600円でした(高っ)。
c0010212_05340100.jpg


まだ、あんまり使っていないので、音のことについては後ほどインプレしたいと思いますが、
耳にかけた感じは比較的良い感じです。
実はB&Oの携帯用ヘッドセットを持っているのですが、そちらの方が柔らかく押さえつけられる感じではありますが、オーディオテクニカ製のも痛くなる感じはありません。
ただ、Amazonだかのユーザーコメントでは、耳の形によってはちょいと痛くなるということでした。

不満な点は、
1,ケーブルが黒い(笑)こと、
2,ケーブルがヘボイ(細い?)こと
ですね。

ipodシリーズ用に黒以外のケーブルを作って欲しいです。
ケーブルがヘボイのは、パソコン・オーディオなどなどのGoodsすべてに言えると思うんですが、良いケーブルってのをあまり見たことありません。
本ヘッドホンも、ヘッドホン本体はアルミで非常に質感が高いのですが、
どうもケーブルが安っぽい・・・・

明日ゆっくり使ってみたいと思います。
[PR]
by sparky10 | 2005-01-31 01:04 | オーティオ

ipod shuffle

買ってしまいました、ipod shuffle!!
1Gモデルです。
発表直後にアップルストアへ注文し、1/24に到着しました。
512MBの方が出荷が遅れているようです。

液晶がないのでどうかと思ったんですが、最近ipodを使っていても、すべての曲をシャッフルする使い方しかしていないので、そんなに不便に思いません。
でも、プレイリストを一つしか飛ばせないってのが不満です。
たとえば、プレイリストを10個飛ばして、プレイリストごとに早送り(早送りボタンを瞬間で2回押すなどで・・・)することができれば、曲を見つけるってのも不可能じゃないと思うんです。
でも、プレイリストを一つしか飛ばせないので、たとえ順番通り(シャッフルしなくても)に再生できても、目的の曲を探すのは大変・・・
へたすると、240回も早送りボタンを押さないとたどり着けないんです
(240曲はいっているとして、240曲目を聞きたい場合)。

完全シャッフルでしか使わないことを考えると512MBでもいいのかなぁ・・って気がします。

一番困るのは、ヘッドホンのコードが長すぎることです。
60cmでいいのに、その倍ぐらいあるんですわ。
まぁ、市販で60cmってのがあるので、それを買えばいいんですが・・・

なぜか、自分が持っているソニーのヘッドホンを使うと、
ノイズがすごくなります。ヘッドホンの問題なのかなぁ?

とは言え、この大きさと軽さは魅力です。
かなり音楽を聴く時間が増えました。
c0010212_192428.jpg

[PR]
by sparky10 | 2005-01-28 00:26 | パソコン

Manchester United

マンチェスターUのサポーターになって16年。きっかけはマーク・ヒューズのプレーでした。ダイヤモンドサッカーか、NHK-BS1のプレミアシップ放送のどちらかだったと思います。

マーク・ヒューズ(マンチェスターU):
現ブラックバーン監督です。とにかくこの選手の映像を見たことが私をサッカーにのめり込ませる結果となりました。ディフェンスをさせたら世界最高のFWと呼ばれた選手です。とは言え、守備的なのか?というと全然そんなことは無く、超攻撃的でボレーシュートの名手です。

ポール・スコールズ(マンチェスターU):
イングランド代表がそこそこの成績を残せたのもスコールズが活躍したことが大きいと言われてもいます。2002年のワールドカップではベッカムばかりが注目されましたが、ゲームを作ってたのはスコールズでした。札幌ドームでのボレーシュートは、残念ながら得点にはなりませんでしたが、私にとって最高の瞬間でした。

オーレ・グンナー・スールシャール(マンチェスターU):
最高のスーパーサブです。チャンピオンズリーグでの得点は本気で涙が出ました。プレミアリーグでは後半の40分頃から出場して、ハットトリックを決めた試合もありました。

ライアン・ギグス(マンチェスターU):
ジャックナイフドリブルの左ウィンガーです。10代のころのドリブルの早さときたら・・・・。現在は、確かにスピードは落ちましたが、スピードだけに頼らない素晴らしい技術もあります。

エリック・カントナ(マンチェスターU):
キング・カントナ。あまり多くの試合を観たわけではないのですが、プレーの一つ一つが美しく、繊細で、大胆で、力強い。こんな選手は他にいないと思わせます。独特の雰囲気に魅かれてしまうことも事実ですが・・・・

デニス・アーウィン(マンチェスターU):
顔がMr.ビーンに似ていることはおいておいて・・・。トレブルを達成することができたのも、アーウィンの功績が大きい!!02-03シーズンにマンチェスターUが調子悪くなったのも、アーウィン移籍の穴を埋められなかったことが大きい気がします。

まぁ、要するにマンチェスターUの選手がすべて大好きなんです・・・

○パベル・ネドベド(元ラツィオ):
私は現在、スカパーのプレミアリーグを中心にテレビを見ています。10年程前に、プレミアリーグをテレビで観ることができなかった時期、WOWOWでセリエAを観ていました。イタリアサッカーは守備中心と言われていますが、その中でもラツィオは攻撃が売り物のチームで、目立っておりました(ちなみにその頃のセリエAの選手としては、ファンバステン、フリット、カレッカ、ゾラ、マッサーロ、パパン、バッジョ、ロンバルド、バティストゥータ、オリベイラ、プラット、ベルカンプなどなど・・・・)。私が見始めた頃のラツィオは、トップにシニョーリ、カシラギ、ボクシッチと並べて、ホームでは3トップ、アウェイでも3トップという、まことに攻撃的なスタイルでした。そして、ラツィアーレになった私。そんなチームなので、勝つときはボコボコ点を取っていたんですが、負けるときはボロボロに。ところが、ネドベドが入ってきたころから、攻撃的な姿勢は変わらず、安定するようになって、ついにスクデットをとることができました。ユベントスに移籍してからバロンドールをとったことがネドベドの能力を証明しています。
[PR]
by sparky10 | 2005-01-21 23:15 | マンチェスター・ユナイテッド

獲物

本日釣りに行きましたら・・・・

c0010212_0484959.jpg

パンティーが木に引っ掛かってました・・・・
やる気がゼロに・・・
[PR]
by sparky10 | 2005-01-16 00:37 | 釣り

EOS Kiss Digital + Carl Zeiss

昨年購入した、CONTAX Ariaですが、本体価格(中古)が30000円を切るというお買い得品にもかかわらず、非常に調子が良く、楽しい写真ライフを送っています。
マップカメラ店員さん曰く、「CONTAXの本体はけっこう壊れやすいけど、Ariaは非常に良くできている」でございました。

まぁ、他のボディーがどうかはわかりませんが、Ariaはなかなか良くできております。
ですが、最近のパソコン中心生活では、デジタルカメラの一眼レフがあったらいいなぁ・・・と常々思っておりました。けれど・・・・
欲しいって思える本体がないんです。なんとも「ちゃっちぃ」んですねぇ。
さらに、デジタル表示の複雑な本体ってのがいまだに慣れなくって、回転式ダイヤルからはなれられないんです(アホな自分だ・・・)。

で、全然一眼デジカメは考えていませんでしたが、ネットサーフィンをしているとEOSにZeissレンズをつけることができるらしいという情報が目に飛び込んできました。
EOS Kissにハザマ製マウントアダプターをつけるとどうやら可能のようで・・・・
結構、ツァイスらしい写りをしてるんですよねぇ。

またいろいろ調べてみたいと思います。
[PR]
by sparky10 | 2005-01-14 22:19 | goods

zeiss ikon

デジタルカメラ全盛ですが、フィルムカメラから離れられません。
昨年の終わり頃に、メインカメラを新しくしたくてCONTAXのAriaを中古で購入しました。
CONTAXの一眼レフは初めてだったので、当然レンズも購入です。
レンズはいろいろ(とはいえ、2-3種類ですが・・)迷ったのですが、Planer50mmのF1.4というCONTAXを代表するレンズにしました。いまだにTesser45mmF2.8も欲しいのですが・・・。

10年ほど前のCONTAXと、最新のCONTAXの違い(以前、T2を使っていましたが、T3発売後にT2を手放してT3を購入した・・・にもかかわらず、T3を愛せなくて、うっぱらい、T2を再び購入した話)などは別の機会にすることとして・・・・
最近、zeiss ikonが復活するというニュース(もう2-3ヶ月も前ですが・・)を聞きました。
ZEISSレンズを使えるレンジファインダーといえば、CONTAX G1やG2がヒットしましたが、何となく、プラスチック部分が多いことや、オートフォーカス化による重量増加など、マイナスポイントがいくつかありました。まぁ、G1などはレンズ込みで中古価格3.5万円ほどと、非常に魅力的な価格などのメリットも多いですが・・・・
しかし、今度発売されるらしいZEISS ikonのレンジファインダーは、非常に魅力的です。
Mマウントということで、ライカレンズも使える(と思います)こともチャームポイントの一つですね。
値段はいくらに!!!???

インプレスの記事へ
[PR]
by sparky10 | 2005-01-14 00:35 | goods

マンチェスター・ユナイテッド

私が心の底から愛しているサッカーチームはイングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドです。80年代後半から90年代の半ばまで活躍した、マーク・ヒューズ(現ブラックバーン監督)のプレーを見て、すっかり参ってしまったのですが、ヒューズの話はまたいつか・・・・。
さて、数年前までは、マンチェスターユナイテッドといえば、「デビット・ベッカム」でした。そのベッカムが、スペインのどっかのチームに移籍した前後あたりから、マンUのメンバーが微妙に変化しています。No.7をついだ男「クリスティアーノ・ロナウド」や、ようやく現れたデニス・アーウィンの後継者で、アルゼンチン人の「ガブリエル・エインセ」、そして怪我のソルスキアのバックアップになりうる「アラン・スミス」などなど、トレブル達成の黄金期のメンバーに近づいて来ました。

今、私が一番注目しているのは「ダレン・フレッチャー」です。
フレッチャーはスコットランド代表選手で、まだまだ若いミッドフィルダーですが、どんどん成長しています。将来を保証されている証拠として、サッカーダイジェストの「カスヤヒデキ」さん(スカイパーフェクTVの解説者)が、あまり評価をしていないことで明らかです。
この解説者さんは皮肉な言い方を売り物にしていますが、言うことがたいてい正反対に当たります(ぶっちゃけた話、この方の解説が私は嫌いなのですが・・・)。

右サイドにで、ベッカムばりのクロスボールを期待するのもよいのですが、セントラルミッドフィルダーとして使いたい素質が感じられます。もうすこし得点を決める動きをすればよいかとも思いますが(先日プレミア初ゴールを記録)、視野の広さを感じます。来シーズンには大爆発してくれると期待しております。
[PR]
by sparky10 | 2005-01-11 21:35 | マンチェスター・ユナイテッド